モエシャンドンと惨めさ

#はらわた

ある日。

もえ、しゃんどーん、どん。
いつも見ている生配信で知らないお酒が出てきた。

有名なシャンパンだそうだ。

昔結婚式でシャンパンは口にしたことがあるが、銘柄を気にするほど興味はなかった。

今回は妙に気にはなったが買わなかった。

スーパーで買い物ついでにお酒コーナーに立ち寄った。黒霧島、魔王、それから萌シャンドン?

何か不思議な縁を感じたのでそのまま買った750ml5000円。

風味がいいのは2、3日だという。

一人で飲み干すのは厳しかった。

自分の行動力にちょっとだけ後悔した。

実家で

萌シャンドンって知ってる(有名だと聞いたので)

なにそれ

シャンパンなんだけど

シャンパンなんか結婚式以外で飲んだことないわ

いいご身分ねぇ

ははは

なんだかすごく傷ついた。

言い方が悪かったのかもしれないし、自慢げに聞こえたのかもしれない。ただの冗談だったのかもしれない。

でも、すごく私の価値観を否定された気分になった。

それからしばらく、実家には帰らなかった。

別に誰も悪くないのに。

ある日。実家、夜の食卓。珍しく父母妹私が揃っていた。NHKの7時のニュースが流れながら、母「最近仕事はどうよ?」私「まぁまぁだよ、景気は悪いけど」妹「私なんて、なんでマスクないの? これの対応ばっかりでバイト行くのが嫌になる」談笑する。私「最近お酒が好きで、ちょっといいシャンパンをなんでもない日にあけたんだよね、モエエシャンドンって言うんだけど知ってる?」父「知らんな。シャンパンなんて披露宴でしか飲まないからな。普段シャンパンなんていい身分だな。こっちは真面目に働いてるんだよ!」笑い飛ばすように言った。母と妹も笑っていた、だから私も笑った。けれどすごく傷ついた。私という存在が否定された気がした。他人なら流せるのに。自立したつもりだった。まだまだ子供なんだと突きつけられた。

#はらわた
スポンサーリンク
むつをフォローする
Atelier Mutsu

コメント

タイトルとURLをコピーしました