羞恥×激昂×微笑

#はらわた

ある日。

朝、セブンイレブンで昼ごはんにおにぎりを二つ買った。シャケとシーチキン。面白味には欠けるけれどこれが一番うまい。

いつも朝の時間帯は決まってメガネを前にかけた白髪のご老体と、カタコトの中国人女性なのだが、今日は190くらいたっぱのある、店長らしき人物だった。なにやら、ご老体はお休みだったが、中国人女性とは談笑していた。話を遮るようなタイミングで、レジに行くと「264円になりますぅ」と言われた。私はなりますがきになる。こういうのをバイト敬語などというらしいが、店長はバイトではないのだから不適切なのではなどと思いつつお金を支払った。

「レシートください」そういうと、

「給与明細のお返しです」と言われてレシートを渡された。

ふたつきになる。

まず、給与明細の話をさっき中国人としていたから、引っ張られてしまっていること、もう一つはあげてないから返される筋合いがないこと。

でも、こんなこといちいち気にしていたら、キリがないので、

ありがとうございますとだけ行った。

なんだかもやもやした。

車 通勤中、他ごとを考えながら走っていたら道が少し混んでいた。

すると、レトロな車に乗った青い目のいかつい外国人が急にウィンカーを出してきた。

そんなとこはいれないよと、そのまま車をつめたら、

窓を開け中指をたて、真っ赤な顔でFUCKといわれた。

もし日本人に死ねとか言われたらムカついていたかもしれないが、その光景があまりに非日常な映画の中のワンシーンのように思えてきて、少し嬉しい気持ちになってしまった。

不思議なこともあるものだ。差別用語を言われて嬉しいだなんて。私もいよいよ終わりだな。

#はらわた
スポンサーリンク
むつをフォローする
Atelier Mutsu

コメント

タイトルとURLをコピーしました