玉虫蒔絵

#はらわた

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

ある日。

日の出頃、何か取り憑かれたように部屋の掃除を始める。作業机に積み上がる本を片付けるとと濡れてボロボロのメモ用紙が出てきて、「2020.02.15 日記」と書いてあった。なんだか懐かしい気分になって。感情が色褪せてしまわぬうちにここに書き起こすことにした。
 
アニメ『xxxHOLiC』を観ていたら、作中でベッドの脇にお香が焚いてあった。買いたい。揺れる煙になんだか惹かれる。どうしても買いたい。「名古屋_お香」で検索、お香・線香・香木・数珠の専門店が検索最上位に出てきた。善は急げと云うことで、さっそく車で向かった。

私は私のGoogle Mapsと仲が悪い。お香店周辺の一方通行が張り巡らされた小道を15分くらい、何度も走った。ようやくたどり着いたお店は綺麗な木造の建物で、新築の香りとたくさんのお香の香りが混ざった、初めましての匂いがした。店内を見渡すと、壁一面に白檀びゃくだん沈香じんこう伽羅きゃらの文字。それから、黒服(身長は姿勢の良い180cm、ポマードで頭を固めピチピチのスーツ姿、いかにもな雰囲気の漂うがたいのいい店員さん)が出迎えてくれた。
店の敷居(レール)を跨いだ時、我に返ると共に激しく入店を後悔した。善を急いだ私はダウンジャケットにジャージ、そして季節外れのサンダル。コンビニにフラッと立ち寄るラフさで店を尋ねていた。場違いだと思った。けれど、もう後に引けなかった。

「お香は体調やその時々によって、匂いの感じ方が変わるものなんです」

などと説明を受け、初心者セットなるものを紹介された。それは基本の香り、白檀と沈香が10種類2本ずつ合計20本がひとまとめに入った初心者にうってつけの商品だった。
黒服の話を聞いているうちに、お香の奥深い世界に飲みこまれそうになった。一度冷静になろうと深呼吸をしたが、気づいた時には、紹介された初心者セットに加えて、香炉も購入していた。

黒服と少し談笑したあと、店を立ち去ろうとすると、入り口横、掲示のポスターに「輪島塗の展示会」の文字。どうやら、たまたま今日2階で展示会が開催されている様子だった。さして興味はなかったが、何かの縁を感じたのと、黒服の話術に圧倒され、気づいたら2階にいた。会場には、日本で数少ない、玉虫蒔絵の技術を持つ輪島塗の職人さんが今まさに作業をしている様を中心に、輪島塗の食器や蒔絵がゆったりとした間隔で展示されていた。展示会とはいえ、売り物もあると云うので、黒服に随いてくと、玉虫蒔絵が展示されており横の値札には300万とあった。あぁ、さらに場違いなところに来てしまったな、と激しく後悔したが、相変わらず引くに引けなかった。それから30分ほど、変な汗を背中にかきながら見たことも聞いたこともない作品を自分のできる限りの語彙力で褒めちぎった。

ふらっと立ち寄ったつもりだったのに、なんだかすごく疲れた。

ただお香が買いたかっただけだったのに。

 

昼休み。薄暗いデスク。鬱屈な気分。
私のYouTubeが「Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)」を表示した。髪はいつぞやにみた「玉虫蒔絵」を彷彿とさせる色合い。服はダボダボ。得体が知れない。でも、カッコイイ。

その動画は、無断転載された朝のワイドショー。「Billie Eilishが、第62回グラミー賞の主要4部門を独占。これは39年ぶりの史上2度目快挙であり、女性としては初。そして史上最年少の18歳での独占となった」と景気良く語る。

「グラミー賞」がどれほどかは知らないけれど、とにかく何かすごいと言いたいのは伝わってきた。
そんなに歌い方がすごい、曲作りがすごいと賞賛されたら、否が応にも興味をもつというもの。コメンテーターの裏で流れていた『bad guy』をYouTubeで検索して、聴いてみる。

正直に感想は「よくわからない」

私は英語にあまりにも疎い。歌詞がわからない。アメリカの音楽事情を知らない。歌がうまいかどうかも分からない。

だからと云って、わからないものを「藝術だから」と、画一的に押し込めるような真似はしたくない。それは努力した人に侮辱的な行為のように思えてならないから。

また、グラミー賞を授賞した根拠を基にこんなにすごいんだと取ってつけたような理由を言われても、必死に言い訳しているようでなんだか惨め。分からないものは好みの問題でしかない。すごいとか売れてるとか関係なく、なんだか好きか、なんだか嫌いでしかない。

ビリー・アイリッシュは普段聞かないジャンルの音楽で声は小さく表現はどこか闇を抱えている。けれど、何かには惹かれた。キャラなのか世界なのか。そういう違和感を大切にしたいし、それが答えなのかもしれない。

ビリー・アイリッシュってそこはかとなくいい感じですよね!

ミーハーここに極まれり。

 

見渡すと、リビングは散らかったままだった。

 

 

玉虫蒔絵 相沢睦 
 

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

 

脚注

●香源 名古屋本店
 https://okoh.co.jp/nagoya/

●Billie Eilish

Billie Eilish – bad guy

【2019年版】ビリー・アイリッシュ「1年前の私」と同じインタビューに答える | Same Interview | GQ JAPAN

ビリー・アイリッシュ、ファン4669人のアンケート調査に回答。| VOGUE JAPAN
#はらわた
スポンサーリンク
むつをフォローする
Atelier Mutsu

コメント

タイトルとURLをコピーしました