美しい花には棘がある

#はらわた

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

 

ある日。

大津通りのApple Storeに向かう途中、モデルのような背の高い女性とすれ違う。都会には美人が多いと云う根も歯もない話があるが、どうやら噂は本当らしい。格好はシンプルな黒のヒール、黒革のクラッチバッグ、スリット入りの黒のラッフルスカート、ターコイズブルーのセーター。
ああいうのはよっぽど自信がないと着れないよな、などと評論家ぶっていたら、歩道の真ん中に植えてある街路樹につまづいた。

 

午前7時00分、車通勤中の中濃大橋。夜中雨だった割には空に雲はなくあたたかい。橋の歩道を蛍光イエローの雨合羽を着た男性が走ってきた。来た先に視線をやると、向こう岸が見えないほど、白く濃い霧が立ち込めていた。

対向車とすれ違うたびにヘッドライトが乱反射。ホワイトアウトして危ない。

7時10分、雑木林。1月から始まった工場の生産応援も終わりが近づく。この道も3月末まで。路肩に車を停め、手すりに頬杖をつき、木々を眺める。
目の前いっぱいに広がった新緑の世界は見事な美しさ。葉の隙間から陽が差し、ステンドグラスを通したような。兎も角、見惚みとれた。

7時20分、まどろみ。スマホの時刻を見て慌てる。ゆったりとした時間の流れを引き裂くように車に飛び乗る。

美しさは人を魅了する。けれど、傷つくこともある。薔薇にトゲがあるように。美しさと危うさと、うらおもて。

街を歩く時、女性を目で追うのは、やめにしよう。

7時50分、息の詰まる工場の更衣室。汗だくで決意した花冷えの朝。

 

 

美しい花には とげがある 相沢睦 
 

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

タイトルとURLをコピーしました