新年のご挨拶 2022年

新禧錄 2022


 

敬 頌 新 禧

 

昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。

2021年もおかげさまで無事過ごせました。

 

やれ大掃除、やれおせち、やれ初詣だ、と周りが慌ただしくなるにつれ、醸成される年の瀬の雰囲気。

年末年始になるたび、実家の頃を思い返します。

ところが、三が日全てをバイトに捧げたり、一人暮らしを始めたり。いつしか、お正月は日常に飲み込まれ、ただの平日になりました。

節目がないと、日々が淡々と無限に続いていくようで、こんなにも苦しいんですね。

 

やはり、お正月”感”は大切です。

あの手この手を尽くして、お正月を演出して、特別感を出すことが幸せへの第一歩……

なのかもしれません。

 

お正月の行事といえば年賀状。

私の会社では年賀状を出し合う文化がまだまだ根強いですが、みなさまはどうですか。

メールで済ませるのが、当たり前なのでしょうか。

年賀状と云うと、「去年」は「去る」の縁起が悪いので「昨年」や「旧年」を採用するそうですね。

と、今の説明でうっかり使ってしまいましたが……

来年はこのような粗相がないよう善処します。

 

月並みですが、来年も共にこの日を過ごせますよう、みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

2022年も変わらぬお付き合い、何卒よろしくお願いいたします。


令和4年 元旦

相沢睦

 

 

P.S.

タイトルは「しんきろく」。

これまた深い意味はないけれど、縁起は良さそうな名前にしました。

1/1の年賀状もどき、7/7の暑中見舞いもどき。

日本の伝統を引き継ぎたい! 気持ちはないけれど、先人たちが作った感謝を伝える文化。ここぞとばかりに普段言えない感謝を文字に込めて伝えます。

2022年、便乗できるものには、なんでも乗っかっていきますよ。

タイトルとURLをコピーしました