一日目

|      |  目次  |  次へ>> |

 

ある日。
ソファから外を見る。雲ひとつない青空。天を見上げるほどに青は濃くなる。うたた寝する。外を見る。さっきより青が濃くなる。またうたた寝する。少し、頭に血が上って気持ち悪い。

澄んだ空。胸に響かない。単調な日々。

立春。訳あって、ほとんど表へ出ていない。ソファに寝て。座って。また寝て。一日を消費する。
こうも単調だと、別段、記すことはない。それでも、何かは文章にしてみる。パッと見たら、黒い文字がただ並んでいるだけ。色もない。音もない。匂いもない。
私のそうした文章が、人々にはどれほど、つまらなく映るのだろう。ネットニュース、YouTube、LINEにタイムライン警備。現代人はとにかく忙しい。
人々は、感染症、芸能人の不倫、給付金や、マスクの販売情報。その日の出来事のうちで、自分が重大と思う事件か、もしくは自分の興味を相当に刺激する記事でなければ、手に取らない。それほど、時間に余裕はない。

数ヶ月前、新型コロナウイルスが世界を席捲せっけんした。いつ終束するかも見当がつかない様相。夏に来たる東京オリンピックは延期。不況の影は姿を潜め、徐々に私たちの日常をむしばむ。
こうして、日々、私は文章をだらだらと記している。飽きたら終わり。春だから。それだけ。
書くのか、書かないのか。私の都合でしかない。
その癖、多くの人に読んでもらいたいと、SNSで喧伝けんでんする。おこがましいにも程がある。


ソファから外を見る。濃い青は地平線の方だった。

 

 

一日目 相沢睦 
 

|      |  目次  |  次へ>> |

コメント

タイトルとURLをコピーしました