フレンチと春のベンチ

#はらわた

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

 

ある日。

啓蟄けいちつ白雲しらくも混じりの青空。奥多治見のフレンチを食べに行く。
「森の家」の名をもつレストラン。とある山奥の、とある村。フレンチレストラン。ベーカリーカフェ。バアムクーヘン工房。リラクゼーションサロン。アトリエ。そこは、お洒落が凝縮されたような村。
「森の家」にダサい男女はいない。英国紳士風の老夫婦。インスタで自慢できそうなペアルックのカップル。テーブルマナーに厳しい父親と、その家族。
「森の家」の料理はどれも絶品。途中、オードブルの「生ハムメロン」と、目が合った。すべてがファーストタッチ。

「背伸び」は、こんなにも鼻につく。
だけれど、料理の味は思い出せない。

 

帰り道。しばらく車を走らせる。道の脇には五平餅の幟旗のぼりばた。なんだか、そわそわ懐かしい気分。
中を覗くと、店内は「ガラン」と、していた。木の建屋、無人駅のよう。店の年季の割には若いお姉さん。一人、黙々もくもくと餅を焼く。
「こんにちは〜。どうぞ〜」
一度、踏み入れた以上「物色だけ」というのは気が引ける。

——気づいた時には、店前のところどころ割れた水色プラスチックのベンチで一人、みそダレしたたる餅を頬張っていた。

時はあっ、という間に過ぎていく。大人になってからは特に早い。犬も食わない話。
夏になればやれ暑い、冬になればやれ寒い。そんなありきたりが、浮かんでは消えていく。

頭上の雲は流れ、が差した。肌を突き刺す冬のピリピリとした空気に、ポカポカ陽気。春の気配けはいが混じり合う。

春は出会いの季節か、別れの季節か。私にとっては、断然別れ。いつも印象に残るのは、入学の期待感より卒業の喪失感。
環境の変化、何かへの挑戦。「今」を、失うことが、おっかなくてしょうがない。

あれこれ考えているあいだに、手元の餅はただの平たい竹串になっていた。

「春か……」殊の外、声がでた。

「そうですねぇ」

背筋がビクッとした。隣には何食わぬ顔でこちらを見つめる猫背のおばあさん。

半ばパニック状態の私をよそに、おばあさんは表情を変えず、何も発せず。ただ少しうなずく。そのあとはニコニコ、ひたすら餅を頬張っていた。
今は、隣のおばあさんが世界で一番おっかない。 

 

このくらいの日常が、私には心地いい。

 

 

フレンチと春のベンチ 相沢睦 
 

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

 

脚注

●フレンチレストラン「Artiste Village」
 https://www.artiste-village.com/

●五平餅屋「さくら五平」

#はらわた
スポンサーリンク
むつをフォローする
Atelier Mutsu

コメント

タイトルとURLをコピーしました