ガリガリ君は梨に限る

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

 

ある日。

少し二度寝をした朝。目を擦り、歯を磨き、コップ一杯の水を流し込む。「行きたくないなぁ」とつぶやいてみても会社は遠のかない。

あれこれ考えているうちに6時5分。5分の遅刻。

駅伝のタスキかのようにカバンを手にとり肩にかけ、玄関を飛び出した。グシャッ。何かを踏んだ気がしたけれど、振り返らなかった。

 

今日はトラブル続き。目一杯の残業。3時間延長コース。

うとうと、と。あくびをしながら家路に着くと、玄関の前にはガリガリ君ソーダ味のゴミがへばりついていた。

「1日の終わりまで。こんな仕打ちって」

踏まないようにまたいでドアノブに手をかけた時、ふと思った。

今朝はガリガリ君かどうか、いやアイスのゴミであることすら気付くことなく踏み抜き立ち去った。
心にゆとりがない時、人はこうして悪気なく他人を傷つけてしまうのかもしれない。いとも簡単に。

私は振り返り、少年をじっと見つめた。

そして家のゴミ箱に、そっと捨てた。

 

 

ガリガリ君は梨に限る 相沢睦 
 

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

コメント

タイトルとURLをコピーしました