嘘とハサミは使いよう

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

 

ある日。

日暮れ。焼き魚の匂い。学校のチャイム。
私はなんだか「4月1日」が、好きになれない。
毎年毎年「#エイプリルフール」に、少しイヤな気持ち。
日頃。「やらせだ」と、鬼の首でも取ったかのように騒いでおいて。何が「嘘をついてもいい日」なのか。

 

夕暮れ。帰路。スーパーに立ち寄ると、女性の怒鳴り声が聞こえた。
「どうしてそんな嘘をつくの? 私はあなたをそんなズルい人間に育てたつもりはありません!!」
よくよく耳をそばだてる。どうやら、母親が小学生の娘を叱っている。
グレーのパンツスーツとお団子髪の彼女には、知らぬに買い物カートにいれられた、ココナッツサブレがどうしても許せない。
娘は体操服のすそを引っ張り、頬を膨らませ主張する。「わたしはやってない!」
それでも母親は、なんでそんなわかりやすい嘘をつくの? と、ばかりにまくし立てる。
すると「XXさんじゃない?」主婦らしき女性が割り込んできた。
妙に親しげなその女性は「実はね、2人目を授かっちゃって……」と、慣れた様子で言った。

「エッ!? 本当に?」
「もう、あなた素直ねぇ、今日は何の日?」
「あっ、エイプリルフールね! もうヤメてよ〜」
「そうよ。先週、うちがレスだって打ち明けた話、もう忘れちゃったの?」
「うわ、やられた」
「じゃあ、そろそろいくわね」

「ねぇ、ママ!」3歩後ろで、ポツンと黙っていた娘が口をひらいた。

「んーなに?」
「わたし、おかしいれてないよ」
「えっ。うーん。……今日だけね」
「うんっ」

1年間に1日だけ「嘘をついてもいい日」がある。殊の外、悪い気分はしなかった。

 

 

嘘とハサミは使いよう 相沢睦 
 

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |

コメント

タイトルとURLをコピーしました