2020-03

スポンサーリンク
#はらわた

壁の向こう側

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |   ある日。 午後1時、紫帆を車で迎えにいく。家うちへ来て、夕飯の豚しゃぶを食べ、お互いの近況を話す。彼女は自分の話にひと段落つくと、私の話はそこ...
#はらわた

ガリガリ君は梨に限る

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |   ある日。 少し二度寝をした朝。目をこすり、歯を磨き、コップひたひたの水を流し込む。「行きたくないなあ」などとつぶやいてみても、会社は遠のかない...
#はらわた

迷惑な車と推し

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |   ある日。 仕事終わり。夜道を歩いていると、遠くから何か、微かすかに聞こえる。それは、徐々に、こちらに迫ってくる。田舎の夜道。音の鳴る車は高が知...
#はらわた

フレンチと春のベンチ

| <<前へ  |  目次  |  次へ>> |   ある日。 啓蟄けいちつ。白雲しらくも混じりの青空。奥多治見のフレンチを食べに行く。「森の家」の名を冠する、とある山奥の、とある村。フレンチレス...
#はらわた

さかさまの景色

|      |  目次  |  次へ>> |   ある日。ソファから外を見る。うす青いラムネ瓶色の空。見上げるほどに青は濃くなる。うたた寝する。外を見る。さっきより濃い青。またうたた寝する。ソファの肘掛けからは...
#はらわた

まえがき

2020年3月より、『はらわた』の執筆を始めました。「むつ」の初めての文集です。感じたことを感じたままに。私の全てを綴ります。タイトルの『はらわた』がお気に入りです。字義通りに読めば、「臓器」でしかありません。しかし、「はらわた」には、内...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました